FLEX font(フレックスフォント) flex - font - layout.js 無料ダウンロード 商用利用 使い方 ログイン
レスポンシブのフォントサイズは「ff」を使おう! 2019年10月15日

TOP > よくある質問・Tips > レスポンシブのフォントサイズは「ff」を使うとズレない

レスポンシブのフォントサイズは「ff」を使うとズレない! 2019年10月15日

レスポンシブのフォントサイズは「ff」を使おう!rem,vw,%,em,px,calcよりも便利で、PC,タブレット,スマホどのデバイスでもズレない文字サイズの指定ができます。
レスポンシブでよく使われるその他のフォントサイズ指定の基本的なcssの記述と合わせて、「ff」の利便性を簡単にまとめて解説します。

目次

  1. レスポンシブのフォントサイズは「ff」が便利!
  2. font-size : ●● rem ;
  3. font-size : ●● vw ;
  4. font-size : ●● % ;
  5. font-size : ●● em ;
  6. font-size : ●● px ;
  7. font-size : calc( ●● + ●● ) ;
  8. まとめ

レスポンシブのフォントサイズは「ff」が便利!

ff(flex-font-layout.js)を使ったフォントサイズの指定はvwと似ています。
vwが画面サイズ(viewport width)を基準にフォントサイズを指定するのに対して、ffは任意に指定したターゲット要素(コンテナ等)の幅を基準にフォントサイズを指定します。

viewport width

ターゲット要素(コンテナ等)の幅を基準にすると簡単で正確

PCサイトでは記事の部分がコンテナ等に入っていて、左右に余白があるレイアウトが殆どです。また、スマホサイトにも1em前後の余白があり、その余白はサイトごとにバラバラです。
しかし、コンテナ等の幅を基準にフォントサイズを指定すれば、PCでもスマホでも、余白があっても無くても、すべてのサイトで正確に文字サイズの指定ができます。

画面サイズを拡大縮小しても文字がズレないか、レスポンシブでよく使われるフォントサイズ指定で実験してみました。

↓動画で確認

画面サイズを拡大縮小すると、ff はズレませんが、vw,rem,em はズレることが確認できました。その他、%,px も同様にズレます。vwは、黒のFlexbox(コンテナ)にcssで設定されているmax-width以上に画面サイズが大きくなるとズレます。

使い方もシンプル!

例えば、まずターゲット要素に基準幅 data-w-ff="1200" を設定します。
そして、任意の要素に class="ff" と data-fs="30" を設定します。

これでターゲット要素の幅が変わると、1200:30の比率を保ったままフォントサイズがレスポンシブに自動変更されます。

★付属のエディターを使うと基本レイアウトも簡単にできます! →SEO対策LP制作ツール →使い方 →無料ダウンロード

無料SEO対策LP制作ツール

簡単にSEO対応のLPが制作できるLP制作ツールです。
画像の上にテキストをレイアウトしてFFLの基本レイアウトが制作できます。


→ SEO対策LP制作ツール

マルチデバイス対応

flex-font-layout.jsは、マルチデバイス対応です。

LPのSEO

→ FLEX font トップへ

font-size: ●● rem ;

remは、ルート要素(<html>)のフォントサイズを基準とした倍率で指定します。

html {
    font-size: 10px;
}
p {
    font-size: 1.2rem;/* 1.2rem = 10px × 1.2 = 12px となる */
}

注意:IE9未満は非対応、IE10/11やiOS Safariではバグ報告があります

IE9/10/11で:afterや:beforeの疑似要素のline-heightでremで指定すると正しくレイアウトされませんので、代わりにline-height: 1;の様に単位なしで指定して下さい。
また、SafariとChromeではメディアクエリの挙動に違いがあります。

※少し古いブラウザやでは使えなかったり、最新のブラウザでもブラウザごとの挙動が違う為、マルチデバイス対応のレスポンシブサイトでは、フォントサイズにはremは使用しないで下さい。

font-size: ●● vw ;

vwは、画面サイズ(viewport width)を基準にパーセンテージでフォントサイズを指定します。

p {
    font-size: 1vw;/* 画面サイズが1200pxなら、1vw = 1200px × 1% = 12px となる */
}

フォントサイズの計算が大変

画面サイズの50%の画像を表示したいときは、50vwと簡単に指定できますが、例えば、画面サイズが768pxのipadでフォントサイズが12pxの文字を表示したいときは、12px ÷ 768px × 100 = 1.5625vw と電卓などを使って計算しなくてはいけません。

PCのフォントサイズはvwでは難しい

画面が小さく、また縦向きで使う事が多いスマホでは、ほぼ画面サイズいっぱいのレスポンシブページを作成するので、vwはフォントサイズに使い易いですがPCでは使いにくいです。PCのフォントサイズはemやpxを使うのが一般的です。PCではフォントサイズには使わずに大きな背景画像などに使って下さい。

※vwはAndroid4.4未満では使用できません。

font-size: ●● % ;

%は、親要素のフォントサイズを基準としたパーセンテージで指定します。

p {
    font-size: 100%;/* 親要素のフォントサイズが12pxなら、100% = 12px となる */
}

ブラウザのデフォルトのフォントサイズは16pxですので、親要素のフォントサイズを特に指定していないときは、100% = 16px となります。

font-size: ●● em ;

emは、親要素の大文字のMのフォントサイズを基準とした倍率で指定します。

p {
    font-size: 1em;/* 親要素のフォントサイズが12pxなら、1em = 12px となる */
}

ブラウザのデフォルトのフォントサイズは16pxですので、親要素のフォントサイズを特に指定していないときは、1em = 16px となります。マルチデバイス対応のレスポンシブサイトでもemがよく使われています。

font-size: ●● px ;

pxは、画面のピクセル数(ドット)でフォントサイズを指定します。

p {
    font-size: 12px;
}

画面サイズや画像サイズなどでもpxを使うので最も分かりやすい単位ですが、レスポンシブサイトでは画面サイズに応じてフォントサイズを変更するので、サイズが常に固定されてしまうpxは使いにくいです。

font-size: calc( ●● + ●● ) ;

calc()は、CSSのプロパティ値に計算式を使えるようにする関数です。

p {
    font-size: calc(2rem + ((1vw - 0.5rem) * 4));
}

色々なvw,remなどとメディアクエリ、そしてcalc()を駆使しすれば複雑なフォントサイズ指定が可能になりますが計算が大変です。

※calc()はAndroid4.4未満では使用できません。

まとめ

少し前のブラウザをどこまで考慮するかによって、どの方法でレスポンシブのフォントサイズを指定するか変わってきますが以下のようにまとめました。

  1. ターゲット要素(コンテナ等)の幅を基準にフォントサイズを指定して、デザインにもこだわりたい時などは「ff」が便利。 →SEO対策LP制作ツール →使い方 →無料ダウンロード

  2. 画面サイズによってテキストの改行位置が変わることが考慮されたレイアウトならemまたは%でフォントサイズを指定する。
  3. vwはスマホサイトでは便利だが、PCではフォントサイズが大きくなりすぎるなどするので、メディアクエリで制御してフォントサイズを指定する。
  4. マルチデバイス対応のレスポンシブサイトでなければremも可。
  5. px単体でのフォントサイズへの使用はレスポンシブサイトには向かない。

LPのSEO

→ FLEX font トップへ

関連記事

無料SEO対策LP制作ツール

LPをもっと簡単に制作したい!というご要望に応えて、簡単にSEO対応のLPが制作できるLP制作ツールを公開しました。 画像の上にテキストをレイアウトしてFFLの基本レイアウトが制作できます。

flex font レイアウト(FFL)flex-font-layout.js の使い方

flex font レイアウト(FFL)とは、画面サイズではなく、ターゲット要素(コンテナ等)の幅に合わせてフォントサイズを自動調整する『フレックスフォント』を使ったWebデザインのレイアウト方法です。 ここでは、flex-font-layout.jsを使った基本的な設定方法やGoogle Chromeのデベロッパーツールを使った簡単便利な編集方法を説明します。

Googleもメディアクエリ(@media)を使わない?

レスポンシブは、メディアクエリを使わない方が良いという話を最近よく聞きますが、実際に、GoogleもAmazonもメディアクエリを使っていないって知っていましたか? Googleも推奨してきたレスポンシブWebデザインですが、Googleのスピードアップデートによりページ速度を検索のランキング要因に使うようになった為、レスポンシブWebデザインのデメリットである表示速度の遅さが問題になって来ました。 そこで、この記事ではそもそもレスポンシブとは何か?そしてレスポンシブサイトを高速化するにはどうすれば良いのかを解説します。

栄養成分表示
tosou-kumamoto.jp ランディングページ一覧 katazuke-home.jp ランディングページ一覧 栄養成分表示
flex-font-layout.jsは、ターゲット要素のサイズに合わせてフォントサイズを自動変更する、メディアクエリ不要のフォントサイズ自動変更マルチデバイス対応 JavaScript です。
LPのSEOをしたい方はコチラ → レスポンシブのコーディングを簡単にしたい方もコチラ → js 無料ダウンロード → 使い方 → LP制作ツール
お問合せ
ページトップへ